2008年 03月 23日

怪ビル

先日、大阪国立国際美術館へ『エミリー・ウングワレー展』を見に行きましたが
この人は全然知らなくて、オーストラリアの先住民族アボリジニに生まれ
世界的にも高い評価の在る画家らしいのですが、
非常に面白い絵も沢山在るのですが
絵と言うより殴り書きみたいなものも多く、理解しがたいものも・・・・。
改めて芸術とは何か考えさせられました。

国立国際美術館

アメリカ村の怪しい雑居ビルの中
e0051620_1982856.jpg



e0051620_1985126.jpg



e0051620_19115131.jpg



e0051620_1915524.jpg

[PR]

by hirosi906 | 2008-03-23 19:57 | 大阪 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://hirosi906.exblog.jp/tb/7582141
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by tad64 at 2008-03-24 10:51
1枚目の写真は一体何なのでしょう? 壁にペイントでもしてあるのでしょうか?
フォトショで少しレタッチされていますか? なんとも怪しい雰囲気が見事に表現できていると思いました。
きっと『エミリー・ウングワレー展』に刺激されたのでしょうね。(笑)
Commented by masa1950k at 2008-03-24 16:04
おっ、おっ、おぉ~
怪し過ぎる~
アメ村と聞いちゃ、なおさら独りでは入って行けませぬ
1枚目はアメ村名物の落書きとも違うようですね
Commented by max11puu at 2008-03-24 19:46
こんばんは。
アボリジニの砂絵の特集番組を以前NHKで見たことがあるの
ですが、長い間文明とは隔絶された生活を送ってこられたので
俗されていない表現をされているのかもですね。たましいの叫び
というか。
Commented by kagetu2006 at 2008-03-24 22:45
奇怪!
ちょっと怖そうですね。
当然人は住んでいないのでしょう!
オカルト映画のセットのようですね。
Commented by biwakokayo4 at 2008-03-25 11:36
1枚目は美術館の絵かと思いました。
きれいです。
もったいない感じがしますね。
Commented by hirosi906 at 2008-03-25 20:13
>tadさんへ
1枚目は、壁にこのようなペインティングしてありました。
とてもカラフルで綺麗でした。
この写真は、展覧会を見る前に撮ったんですけど・・・・。
Commented by hirosi906 at 2008-03-25 20:24
>髭正さんへ
前から気に成ってたビルだったので、上に上ってみました。
ちょっと場違いですけど,一人でも大丈夫ですよ!!
落書きではなく店の人が描いたんではないかと思いますが・・・?
Commented by hirosi906 at 2008-03-25 21:15
>puuさんへ
その番組は知りませんが、独自の世界観が在って先進国の他の芸術
には触れてなかったみたいです。
私のは解らない、心の魂の叫びみたいなんでしょうね。

Commented by hirosi906 at 2008-03-25 21:21
>花月さんへ
このビルには、何軒かの小さい店が、今でも入って営業してます。
飲み屋とか・・・・?夜営業してるみたいですけど??
人が来るのか疑問ですが??

Commented by hirosi906 at 2008-03-25 21:25
>kayoさんへ
私も見た時、とっても綺麗だったので、絵心がある人が、これを塗ったん
じゃないかと思うんですが???
壁全体じゃなくて、ほんの狭い範囲でした。
Commented by nezumineko at 2008-03-26 21:46 x
私には4枚とも芸術に見えます。
Commented by hirosi906 at 2008-03-30 20:32
>nezuminekoさんへ
自分が芸術と思わなくて、他人の人が芸術といったら、そうなのかもし
れませんね。








名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 彼岸の賑わい〜四天王寺      近江八幡の印象 >>