2007年 10月 21日

喪失の時・空堀にて

今度の27、28の土日 空堀の町で、からほりまちアートというイベントが在り
空堀の町全体がアートに包まれます。
色んなアーチストが路上や町家、ギャラリーで作品を発表されます。
2年前この、からほりまちアートで空掘の町を撮るきっかけと成りました。

からほりまちアート



e0051620_19294419.jpg


e0051620_19445250.jpg


e0051620_19305741.jpg


e0051620_19301182.jpg


10月20日(土)  KissDN
[PR]

by hirosi906 | 2007-10-21 19:49 | Trackback | Comments(12)
トラックバックURL : http://hirosi906.exblog.jp/tb/6661810
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by trial05 at 2007-10-22 23:09
ほんま?ほな、いきましょか~、空堀アートへ。(空堀知らんけど)

4枚目、おもしろぃ~~、こんなん好き♪ (^^)
Commented by hirok41 at 2007-10-23 21:36
人々が見過ごす光景をいろいろ撮った居られる発端は、
このからほりアートがきっかけだったのですか。
作品を拝見してこういう被写体とアングルがあるのだなーと、いつも感心をしています。

Commented by hirosi906 at 2007-10-23 22:21
>trialさんへ
私は、土曜日、妻も行きたいと行ってるので行きますが、残念!!
空掘は、リンクに地図が載ってます、地下鉄・松屋町付近です。
面白いから是非行って見てください。
Commented by hirosi906 at 2007-10-23 22:28
>hirokさんへ
そうなんです。からほりまちアートが発端です。
その目まで、中崎町の下町を撮ってたりしたんですが、空掘の町の
下町の路地を彷徨っている内この町に魅せられました。
人のあまり撮らない様な変な物に惹かれます、きっと変人なので
しょう(笑)
Commented by masa1950k at 2007-10-24 10:03
空堀もなかなかやりますねー
「からほりまちアート」、もう7回目になるんですねー・・・

空堀の空気感がガンガン伝わってきます
特に1枚目は好きなショットです (^^♪
Commented by hirosi906 at 2007-10-24 20:42
>髭正さんへ
この町は古い町家を活用して色々な町起こしが活発に行われてま
す。年一回行われるこの空堀アートもその一つです。
1枚目はほんと不思議な空間でした。
Commented by まちアートスタッフ at 2007-10-25 00:39 x
こんばんわ。
たまたま、このブログにたどり着いたんですが
撮る人によってこんな風景になったりするんですね~!
ステキです!
喪失の時かぁ。
確かに、松屋町から上がってすぐのところに高層ビルが建設中だし
イベントの準備にまわっている間にもマンションのため古い町並みが
壊されている光景を何度も見ました。
切ないですね…
Commented by yume at 2007-10-27 07:58 x
お久しぶりです。

空堀の町、3年程前のこの頃に歩きました。
昔の姿を随所に残していて、大阪にありながら静かでいい町ですね。
Commented by hirosi906 at 2007-10-27 22:40
>まちアートスタッフ さんへ
コメントまでくださってありがとうございます。
この町を撮るうちに、懐かしさと失われていく儚さを感じる様に成
りました。この両方の気持を、少しでも写真で表現出来たら良いと
思って撮ってます。町が新しく奇麗に成るのはしょうがないんで
しょうね。
Commented by hirosi906 at 2007-10-27 22:45
>yumeさんへ
お久しぶりです。コメントくださってありがとうございます。
空掘歩かれたんですね。ここは昔の大阪らしい下町が沢山残ってる
町で良い町です。京都とは雰囲気が叉全然違う所が良いですね。
Commented by hirotons at 2007-10-28 18:15
こんにちは。空堀って、本当に魅力的な街ですね。
ノスタルジックな街の雰囲気をhirosiさんの眼が鋭く切り取っているなぁと、感心して見せていただきました。
特に最後の写真は、すごいインパクトを感じました。
Commented by hirosi906 at 2007-10-31 20:21
> hirotonsさんへ
私にとっては魅力的な町です。ほんとに下町情緒が残ってるのですが
だんだんと新しくなって来てます。
最後の写真、顔だけ此処に乗っかっていて不思議な光景でした。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 或る光景      前衛の踊り >>