心のままに 感じるままに2

hirosi906.exblog.jp
ブログトップ
2006年 05月 24日

京都駅ビルにて

20日の土曜日、京都駅ビル広場で日本のフォークソングの元祖的な
高石ともやさんのライブが在るというので行ってきました。

『受験生ブルース』を歌っていたのはもう30数年前でしょうか・・・?
若い人のほとんどは、ともやさんを知らないでしょうね・・・。
ナターシャセブンと言うグループで長い事活動してたのですが
このグループが解散したのは15年も前でしょうか・・・・・
私は,このグループが大好きでしたが、
平井堅が歌ってヒットした『おじいさんの古時計』も歌っていました。


駅ビル最上階にて
e0051620_1916926.jpg


e0051620_19164569.jpg


 5月20日(土)  EOSKissDN EFS18-55mm





e0051620_1918321.jpg


昼12時から18時まであったのですが 、
私は 12時から16時過ぎまで聞いていましたが
コンクリートに座っていたのでお尻が痛かったです・・・
最後まで聞きたかったのですが用事が在ったので聞けませんでした。
15年ぶり位に、ともや さんの歌を聴けて懐かしく感動しました。

                                           いつの日にか  君に会えると
                                           きっと,きっと 信じてた  
                                           けどもうやめた やめた
                                           青い空と 赤いヤッケと あの子と
                                           今のゲレンデは 想いでだけ

                                        『 想いでの赤いヤッケ 』より
[PR]

by hirosi906 | 2006-05-24 19:48 | 京都 | Trackback | Comments(20)
トラックバックURL : http://hirosi906.exblog.jp/tb/3497229
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by nezumineko at 2006-05-24 20:57 x
なつかしいですね。
私はいまだに「街」という歌が好きです。
Commented by biwahama at 2006-05-24 21:17
え~高石ともやさん 聴きたかったです~。好きなんですよ。
私も「街」という歌が好きですね。 学生の頃 コンサートしていて
この歌をテーマソングに 最後メンバーで歌っていました。
懐かしいな~。京都ならすぐ行けたのに・・・ク~知らなかった・・・
高石さんはマラソンも されてますよね。
hirosiさん またこんなイベントがあればお知らせ下さ~い。
Commented by kaho_nomi_2 at 2006-05-25 01:04
えぇ~ともやさんというかたは存じ上げないのですが(すみません~)、お写真、どれも!すてきですねぇ。1枚目は、しっとりとした感じが写っているお二人の雰囲気とよく合っているし、2枚目の色合いもリズミカルで重い白し、3枚目はhirosiさんの人物写真にいつも溢れている被写体への愛情が、いつもよりももっともっと感じられて、ものすごく楽しい気分になります。
Commented by hide_1510 at 2006-05-25 06:38
おはようございます。
HIDEもフォーク世代ですが
拓郎、かぐや姫世代です
高石さんの歌は 確か 超有名なあの歌しか知らないな~
Commented by p_chansblog at 2006-05-25 10:28
京都駅ビルは、構造物としても絵になるし、長いエスカレーターも
あるし、空中回廊みたいなやつもあって、写真的にも面白いですよね。
最上階までは行ったことなかったなあ・・ 今度行ってみようっと。

おじいさんの古時計は、たしか「大きな古時計」が正解だったかも。
Commented by max11puu at 2006-05-25 20:08
高石ともやさん・・・、いいですねぇ。清廉なフォークシンガーという
イメージがあって、歌もいいです。ガラスにUFOが写り込んで
いるような印象で、興味深いスナップですね。
Commented by hirotons at 2006-05-26 17:00
懐かしく記事を拝見しました。(●^o^●)
学生時代にKBS近畿放送で「日本列島ズバリリクエスト」(通称ズバリク)を愛聴していたころ、高石友也とナターシャセブンを知りました。
京都の円山公園で祇園祭の時に開催された「宵々山コンサート」も、毎年行きました。
諸口アキラとのカントリーフォークの掛け合いは、最高に面白かった。
すべてが青春の思い出です。
高石友也さんのコンサート、また聞きにいきたくなりました。
Commented by hirosi906 at 2006-05-26 22:04
>nezuminekoさんへ
え『街』が好きなんですか。私もこの歌がとても好きです。
素朴なメロディーで覚えやすく、何かほろっとさせてくれる
歌ですよね。この日もこの歌を歌ってました。
Commented by hirosi906 at 2006-05-26 22:10
>biwahamaさんへ
ともやさんが好きだったんですね。この唄歌ってたんですか?
今度是非聞かせて下さい。私もこの唄とても好きなんです。
京都駅でするのは今年で3回目だと言ってましたので、
又来年もするのではないでしょうか、私も偶然駅のちらしで
在るのを知ったのですが、聞きたく成って行きました。
来年在れば一緒に行きましょう!!
Commented by trial05 at 2006-05-26 22:13
こんばんわぁ。
京都駅ビルは、色々なライブがあり、チェックする必要アリですね。
ここは、被写体として人物も面白い所ですもん。
屋上の写りこみがナイスですね。お天気が良かったんでしょうね~。
それにしても、コチラのkissDN君のカラーはキレイですね~♪^^
Commented by hirosi906 at 2006-05-26 22:23
>kahoさんへ
高石さんは、最近はヒット曲も無いし京都中心で歌ってる?
マイナーな人なので知らない人ガ多いと思います。
短い時間で撮ったので余り良い写真では無いかもしれませんが・・
2枚目は敷石が雨に濡れて綺麗でした。平凡だったので色を変えています。
Commented by hirosi906 at 2006-05-26 22:30
>hideさんへ
私も、最初、拓郎、かぐや姫を聞いていたんですが。色々フォーク
を聞いてる内に、高石ともやさんを知り聞く様に成りました。
Commented by hirosi906 at 2006-05-26 22:35
> p_chanさんへ
京都駅ビルはゆったりと広い空間が在るので、じっくり撮れば
面白いですよね。一番最上階は眺めが良いですよ。
題名間違えました『大きな古時計』ですね。何か間違ってる様な気がしたんですが。指摘ありがとうございます。
Commented by hirosi906 at 2006-05-26 22:50
>puuさんへ
高石ともやさんは、清々しい暖かみが在るフォークシンガーで
流行りの唄とは無縁の方ですよね。聞いていて癒される歌が多いで
す。手前に在る物が写ってたんですが、そう言えばUFOに見えます
ね。あまり意識してなかったです。
Commented by hirosi906 at 2006-05-26 22:59
 >hirotonsさんへ
宵宵山コンサートに行ってたんですか。
私も4-5回行ってたんです。諸口アキラとの時は行って無いですけど、キングトーンズが出たときや、松山千春が飛び入りで出た時
何回目か忘れてしまいました。
ほんとに青春時代の良い想い出です。
Commented at 2006-05-26 23:50
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hirosi906 at 2006-05-27 21:02
>trialさんへ
駅ビルは無料で色んな催しが在るので楽しい所ですね。
この日は朝は小雨で屋上に行った頃は雨も止んでいましたが
曇っていました。2枚目は色を変えて鮮やかにしました。
Commented by hirosi906 at 2006-05-28 20:39
>鍵さんへ
色々精力的に活動されてるのですね。
見たいのですがその日用事が在って残念です。すいません。
Commented by blue_moon_rabbit at 2006-06-02 17:42
屋上のお二人 雰囲気がとても素敵ですね
こういうシーンをとっていらしたhirosiさんの目線 素敵だな
日常的な一コマだけど いつまでもこん風に
一緒にいられたらいいな と想像しちゃいました
Commented by hirosi906 at 2006-06-05 21:05
>blue_moon_rabbitさんへ
この二人は外国人でした。結構歳いってた方のようですが仲の良さそうな素敵な感じがしました。いつまでもこんな感じでいたいですね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 三船祭・嵐山      三船祭・京都嵯峨野 >>