2006年 03月 18日

京都の長屋

京都の西陣の紋屋町に三上長屋という長屋が在り、
写真家や陶芸家、蜂蜜屋さんなどが入って古い長屋が再生されています。
京都も色々な町家を残そうと運動が盛んで、
日本の美しい町家が多く残ってほしいと思います。


三上長屋


e0051620_15304081.jpg



e0051620_1532062.jpg


 3月5日(日) EOS7 EF28-105mm プレスト400
[PR]

by hirosi906 | 2006-03-18 15:41 | 京都 | Trackback | Comments(24)
トラックバックURL : http://hirosi906.exblog.jp/tb/3017068
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by biwakokayo4 at 2006-03-18 16:29
ここのことは知らなかったのですが、通りながら写真を撮りました。
大きな壷があるから間違いないです。
ここに住む人が写っていると
長屋の雰囲気がいいですね。
Commented by hide_1510 at 2006-03-18 17:46
こんにちは ♪
長屋 いい響きですね~
ここでいろんな物語が あったんでしようね
一度でいいから こんな長屋の住人になってみたいな
Commented by sakoyan4 at 2006-03-18 23:00
奇遇です、ここは12日にクマさんに連れて行ってもらいましたよ。
来週の半ばにでも貼りたいと思います。
いい雰囲気だと思ったら有名な場所だったのですね(笑)
Commented by trial05 at 2006-03-19 01:17
ココは知りませんでした。町屋でも色々あるんですね~。
保存の機運が盛り上がってますが、色々モンダイもあるようです。
1枚目、人が入ったことで動きがあり、好きな一枚です♪
Commented by max11puu at 2006-03-19 21:06
この感じだと、二階の窓から手を出すと、道をはさんで握手ができそう
ですね。子供の頃に戻って、初恋の人が向かいに住んでたら毎日が
楽しいだろうなぁと思いました。空想しすぎかもです。(苦笑)
Commented by tad64 at 2006-03-19 23:05
二枚目の狙い方がとても新鮮に感じました。
同じ時に撮っていながら、このような撮り方が出来なかったことで、「まだまだ」と言う思いを強く感じました。
もっと勉強しなくちゃ!!
Commented by nezumineko at 2006-03-20 01:39 x
やはり私も、二枚目の撮り方・・・空を全く入れないというアイデアが面白いと思います。
Commented by p_chansblog at 2006-03-20 12:23
1枚目、現代とは思えないような雰囲気を感じさせる人物の扱いが
なかなかお見事です。
2枚目、遠近感と圧迫感を同時に意識させるアングルがとても
いい感じですね。 
良さそうな場所で、行ってみたくなります・・
Commented by nagiwo at 2006-03-20 20:43
古いものの美しさ、守られているとホッとしますね。
そういう気持ちが写真からも見えました。
こういう場所に立つとしみじみと感じるのでしょうね。
Commented by kaho_nomi_2 at 2006-03-20 23:57
こういう木のものを見ていますと、力いっぱい磨きを入れたくなりますよねぇ。きれいに光るでしょうねぇ。いまどきの材質は、そんなふうに気持ちを引き立ててはくれなくて、そんなこんなでも、心地良い風景、なのでしょうね。さりげなく人を入れておられる感じに撮った方の優しさみたいなものが感じられて、和みます。
Commented by hirosi906 at 2006-03-21 19:45
>kayoさんへ
そういえば大きな壺が家の前にありましたね。この壺は陶芸家
の家の前にありました。この人も陶芸家の家の人で、家の前で
作業してたのを写しました。偶然この人が居たのでラッキーでした。
Commented by hirosi906 at 2006-03-21 19:49
>hideさんへ
私も小さい時は文化住宅という長屋に住んで居たので懐かしい感じがします。家の前で良く遊んでいましたが、小さい時は広い一戸建てに住みたいと思ってましたが・・・
Commented by hirosi906 at 2006-03-21 19:54
>さこやんへ
私もはじめて行きましたが、そんなに有名では無いと思いますが
ホームページで見て行ってみたいと思ってました。
小奇麗な京都らしい雰囲気でしたね。
くまさんはそのホームページを見て行ったんだと思います。
Commented by hirosi906 at 2006-03-21 20:00
>trialさんへ
京都通なtrialさんなら知っていると思ってたんですが、まだまだ
知らない所があったなんて何か嬉しい気分です(笑)
建て替えるのには消防法の問題とか、色々在るみたいですが
美しい京都がいつまでも残ってほしいです。
Commented by hirosi906 at 2006-03-21 20:04
>puuさんへ
手を繋ぐのはちょっと難しいかも知れませんが、良いですね
初恋の人とか、綺麗な女性が向かいに住んでたらどきどき
毎日覗きたくなって来ますね(笑)
Commented by hirosi906 at 2006-03-21 20:09
>tadさんへ
屋根の下の電線が綺麗だったので広角で思いきり強調してみまし
た。ちょっと強調し過ぎたかも知れませんが・・・
Commented by hirosi906 at 2006-03-21 20:17
>nezuminekoさんへ
空は入れなかった方が良いのか・・ちょっと窮屈な感じもしました
がそう言って貰えたら良かったです。
Commented by hirosi906 at 2006-03-21 20:25
> p_chanさんへ
ほんとは若い女の人で、ここで何か陶芸の作業をしていたんです
が、雰囲気の在る人で良かったです。
ここ一角だけの短い長屋ですが、とても雰囲気の在る所で
良い所でした、行ってみて下さい。
Commented by hirosi906 at 2006-03-21 20:32
>ナギヲさんへ
こういう長屋や、町家を再生して、色々な店やギャラリー、カフェ
にしてる所が大阪でも在りますが、若者のたまり場になって変身してるのが面白いです。もっとこんな運動が盛んになれば良いと思ってます。
Commented by hirosi906 at 2006-03-21 20:40
>kahoさんへ
ここの長屋は特に綺麗に磨かれていました。
ここの大屋さんが、この長屋をとても大事にしておられるのだと思
います。永年耐えれる立派な作りになってるのでしょうね。
人は偶然ここにいてたのでラッキーでした。
Commented by koya1484 at 2006-03-21 21:09
長屋いいですね。
新しいものもいいけど、
古いもの大切にしたいですね。
Commented by kei1709 at 2006-03-21 23:11 x
こう言うところがあることを知りませんでした。
いい雰囲気ですね。古くても大事にされているとそれが伝わって来ますね。
hirosiさんがこう言う路地を素敵に撮られるのは大切におもっていらっしゃるからでしょうね。
Commented by hirosi906 at 2006-03-24 20:28
>koyaさんへ
何か人の温もりが感じられる所ですね。
写真を撮るにも良い被写体です。
Commented by hirosi906 at 2006-03-24 20:31
>keiさんへ
ここの家主の三上さんがとても大事にされているみたいです。
なんかこういう所に惹かれていつも撮ってる様に思います。
人々の生活感が漂って来る様な所が好きなんです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 古都の道で      願い・釘抜き地蔵にて >>