2017年 03月 12日

千林界隈

私の個展「昭和残像」にも2点、展示していた千林の町。
先日、チャリで守口に住む写真クラブの先輩へ額を返しにいった帰りに撮ったもの。
先輩は、私の個展で40枚の額を3回に分けてチャリで運んでくださいました。
まず一回目、私も12枚の額をチャリで先輩の家まで、
京阪電車の駅、森小路から千林の町をぶらぶら。
ここらは昔ながらの商店街が、
まだまだ賑やかな活気ある下町です。



e0051620_18495939.jpg

e0051620_18503230.jpg

e0051620_18511496.jpg

e0051620_18513018.jpg

e0051620_18514185.jpg

e0051620_18520079.jpg

e0051620_18501785.jpg



[PR]

by hirosi906 | 2017-03-12 19:06 | 下町 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hirosi906.exblog.jp/tb/25588051
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by voyagers-x at 2017-03-13 11:06
おはようございます ! !
いつか、あーこんな感じだったのかと振り返る日がやってきますね
そういう時に何か人間くささと一緒に素敵な思い出として蘇ると最高ですね
Commented by Sippo5655 at 2017-03-13 22:26
素晴らしい先輩ですね。。
お金さえ出せば、いくらでも楽はあるのに。
背中で感じる、人生の重み。
P☆
Commented by hirosi906 at 2017-03-15 21:26
>voyagers-xさんへ

写真は時代を写す役目も大きいですね。
今後どん町になっていくのか?
人情溢れる街が残ってほしいですが!!
Commented by hirosi906 at 2017-03-15 21:28
>Sippo5655さんへ

ほんとに、素晴らしい写真仲間が沢山いてありがたいです。
背中に人生しょってる感じがしますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 左義長祭(近江八幡)      上宮天満宮の梅祭り(高槻) >>