2016年 03月 23日

天下茶屋〜玉出(西成区)

この前の日曜日、写真クラブの撮影会で、天下茶屋〜玉出の方へ。
次回のクラブ展のテーマ『大阪』、皆で下町を撮りに、
玉出は、激安派手なスーパー玉出の発祥の地でもあるそうです。
ここで、朝の関西テレビのよーいどんに出られ、となりの人間国宝に成られた
昔ながらのおかきお売ってるおばちゃんに話しを伺いました。
もう何十年も手焼きのカステラも作っておられた旦那さんが寝込んで、
今はもう作れないと寂しそうに話してくださいました。
古い寂れた商店街も在り、昭和が遠くなっていくのを実感させられた一日でした。




1
e0051620_1848191.jpg


2
e0051620_18483314.jpg


3
e0051620_1848452.jpg


4
e0051620_184912.jpg


5
e0051620_18491488.jpg


6
e0051620_18492337.jpg


7
e0051620_1849327.jpg

[PR]

by hirosi906 | 2016-03-23 19:22 | 下町 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://hirosi906.exblog.jp/tb/24244203
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by voyagers-x at 2016-03-24 09:37

おはようございます!!
だんだんと古いモノが無くなり、衰退していくのは仕方ない事なのでしょうけど
人間が居なくなると、そこにあったモノまでが姿を消していく
あー、少し寂しいモノですね
”昔ながらのおかきお売ってるおばちゃんに話しを伺いました。”
もう食べる事が出来なくなるのですね

Commented by hirosi906 at 2016-03-24 22:15
>voyagers-xさんへ

安く大量生産で作られる物が氾濫すると、
昔ながらの手作りの個人商店は太刀打ちできませんね。
時代の流れで仕方ないかもですが、ちょっと寂しい気がします。
おかきは、ここで作ってない感じで、別のお菓子です。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 十三界隈      今里周辺(東成区) >>