2014年 11月 23日

瞽女(ごぜ)大阪を歩く

今週、船場博覧会が北浜周辺で行なわれましたが、
その催しの一つとして、ギャラリー谷崎で
斉藤真一没後20年作品展が開かれてます。
斉藤真一さんは、瞽女(盲目の三味線を弾く旅芸人)を沢山描かれてます。
私も、斉藤真一さんは前からとても好きな画家でした。
今はもう瞽女はいないんですが、
日本最後の瞽女に習ったという継承者が,
大阪の町を歩くという企画をギャラリーの方が企画され
私もいっしょに歩いてきました。
三味線を弾きながら、吉兆本店、少彦名神社、適塾等で門付(歌披露)
3人とも目も見える方でしたが、
とても愛愁こもった歌で引き込まれました。



船場博覧会





e0051620_1737349.jpg



e0051620_17372586.jpg



e0051620_17381796.jpg



e0051620_1739241.jpg



e0051620_17395112.jpg



e0051620_17402913.jpg



e0051620_1830366.jpg

[PR]

by hirosi906 | 2014-11-23 18:30 | 大阪 | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : http://hirosi906.exblog.jp/tb/22592752
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sippo5655 at 2014-11-23 20:55
盲目の・・・
より音色も、細やかな琴線も、
響くことでしょう
眼光に、その表情に、何をか宿っているように見えました。
P☆
Commented by hirosi906 at 2014-11-24 21:30
>Sippo5655さんへ

この人達は、皆さん目が見れるようでしたが、
この三味線の音色や歌はとても哀愁がこもったもので、
とても心に響きました。
継承者だけあって、この日は瞽女になりきっておられるようでした。
Commented by voyagers-x at 2014-11-25 13:32
こんにちは!!
素晴らしいですね。
今日の写真はほんとに素適です
映画のカットを見てる様な気分になります
それぞれのカットの切り撮り方が素敵ですね。
粒状感もいい雰囲気ですね

Commented by hirosi906 at 2014-11-25 21:39
>voyagers-xさんへ

彼女3人が瞽女になりきってる様で、かもしだしてる雰囲気が
撮ってる時も伝わってきました。
素晴らしい彼女たちに拍手したいです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 浄瑠璃寺      京都紅葉散歩 >>