心のままに 感じるままに2

hirosi906.exblog.jp
ブログトップ
2014年 06月 04日

北斎展

神戸市博物館でやってる北斎展に妻と行ってきました。
有名な富嶽三十六景、他に諸国瀧廻り、百物語等、
初めて目にした作品も多く、
大胆な構図で、表情豊かな人物像、
とても素晴らしい作品ばかりでした。
やはり人気らしく人も多かったです。

神戸居留地にある神戸市博物館は、
1935年に建てられた銀行のビルがそのまま使われ、
重厚な建物で、中もステンドグラスがあったり、
ドーム状の天上があったり、素敵な所です。



1 版画調に
e0051620_18592634.jpg


2
e0051620_18594868.jpg


3
e0051620_1904819.jpg


4
e0051620_1973835.jpg


5 中のステンドグラス、ちょっと加工してますが・・・・。
e0051620_1982356.jpg


6 ドーム状の天井、これも加工してますが・・・・。
e0051620_1982272.jpg


7 妻がお気に入りのカフェで
e0051620_1984763.jpg

[PR]

by hirosi906 | 2014-06-04 19:27 | 神戸 | Trackback | Comments(10)
トラックバックURL : http://hirosi906.exblog.jp/tb/22080427
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by Sippo5655 at 2014-06-04 22:08
なんか、引き込まれてしまいました!
「手」の作品、、特にインパクト☆
ステンドグラスもいいなあ。。
教会にでも行かない限り、見る機会もなくて、、
カフェもさぞくつろげる空間なのでしょうね!
P☆
Commented by voyagers-x at 2014-06-05 09:15
おはようゴザイマス!!
あの時代に……
凄いことですよね
凄い芸術家が日本のあの時代に居たということが誇らしく思えます^^;

Commented by hirosi906 at 2014-06-05 20:54
> Sippo5655さんへ

3の手ですが、博物館の表にブロンズ像があってその手なんですが、
バックが北斎の絵になってます。
手の形に惹かれました。
ステンドグラス、繊細な柄でとても綺麗でした。
Commented by hirosi906 at 2014-06-05 20:59
>voyagers-xさんへ

まあ北斎だけじゃ無いと思いますが、日本の絵画の海外の絵に
引けを取らない位素晴らしいものがありますね。
北斎もほんとに見ごたえあり素晴らしかったです。
Commented by 趣味人 at 2014-06-07 06:29 x
北斎といえば富嶽三十六景、富嶽三十六景といえば必ずといって良いほど今の横浜本牧沖から富士を眺めた「神奈川沖浪裏」の図がポスターとして出てきますし、切手にもなっている代表作ですが、自ら「画狂人」と称しているだけあって、風景や浮世絵、春画など版画はもちろんですけど、特に肉筆の花鳥図はそのデッサン力に驚くものがありますですよね。
私も今まで北斎展を何回か見に出かけているのですが、折りが合えばこのステンドグラス綺麗な神戸市博物館にも出かけてみたいなぁー、なんて思うのですが、今はちょっと無理かな(-_-;)/

この
Commented by hirosi906 at 2014-06-07 23:25
>趣味人さんへ

1の北斎の画は、日本人なら皆知ってる位有名ですね。
何回も行ってるのですね。私は、こんだけ沢山の北斎の画を見るの
は初めてでした。見ごたえありました。
この展覧会は今月の22日までですが、
もう終わり近いので日曜はかなりの人で見にくいかもですが・・・。
神戸博物館は重厚な建物で良い建物です。
Commented at 2014-06-08 10:13 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2014-06-08 11:30
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mahorobanet at 2014-06-08 11:32
ステキです!
なんかすごいインパクトを感じます。
北斎も好きですが、神戸博物館、すごく魅力的ですね!
今回は、無理みたいですが、行ってみたいと思います。
Commented by hirosi906 at 2014-06-08 22:16
>tomoさんへ

この神戸市博物館中々重厚な造りで、中もオシャレです。
北斎展は22日までですが、素敵な展覧会いっぱいしてますから一度
来てみてください。周りの建物もみなオシャレな建物多いです。

名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 天保山運河      アメリカ村寸景 >>