心のままに 感じるままに2

hirosi906.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 16日

山村(板井原村)

智頭宿から車で10分程山に入った所に
日本の原風景と呼ばれる山村があるというので行ってきました。
趣のある家の縁側でお茶と柿をむいて
出迎えてくれる老夫婦が居ました。
甘い食べごろの美味しい柿でした。
おまけに柿狩りをさせてもらって持って帰りました。
冬は今でも雪が1m積もるらしく、
冬はとても住めないので智頭宿に降りて暮らしてるのだそうです。
10軒程でしょうか、昭和30年位のそのままの山村です。


1.
e0051620_19482578.jpg


2.
e0051620_19485030.jpg


3.
e0051620_1949886.jpg


4.
e0051620_19492426.jpg


5.
e0051620_19493954.jpg


6.
e0051620_1950015.jpg


7.
e0051620_21371286.jpg

[PR]

by hirosi906 | 2011-11-16 20:12 | Trackback | Comments(17)
トラックバックURL : http://hirosi906.exblog.jp/tb/16780477
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by hurry69 at 2011-11-16 21:15
これは素敵なところですね。
我が田舎もなかなか山奥ですが、ここほど古いまんまでは残っていません。
たまの帰ると昔のイメージは残っているのですが、建物はだんだん新しくなり少し寂しかったりします。
ワタシなんかは田舎育ちですので、こういうところに郷愁を覚えます。
歳を取るとよけい胸が熱くなってしまいますよ^^
Commented by Sippo5655 at 2011-11-16 21:29
わ~、素敵な佇まいですね・・!!
縁側で、お茶と柿を。
素晴らしいひとときでしたね(*^-^*)
4枚目、何を干すのかなあ
自然と密着した暮らし
本当にこのような暮らしが最も幸せなのではないかと
最近、特に感じます。
p☆
Commented by biwakokayo4 at 2011-11-16 22:38
山村で暮らすにはお年寄りには病院通いも不便で
里に下りて暮らしている方も多いようですね。
九州の田舎でも誰も住まない家がそのまま放置されていました。
なんだか悲しい、さびしい気分になります。
でもここの人は皆さんいい顔されています。
Commented by trial05 at 2011-11-16 23:20
こんばんは~。
智頭宿(ちず)鳥取県・・・ 初めてお聞きしました。
砂丘と堺港は知ってますが(笑)
縁側でお茶と柿をむいて出迎えてくれるなんて、今時珍しいですね~!
3、のオジイサンの笑顔は、素朴で大らか~、エエ笑顔です♪
Commented by voyagers-x at 2011-11-17 09:22 x

おはようゴザイマス!!
味わいある農村風景ですね。お爺さんの笑顔が素敵ですね。長閑な風景や人間性に出会うと心が癒やされ開放される様な心地いい気持ちになりますね。


Commented by hirosi906 at 2011-11-17 21:18
>hurry69さんへ

ほんとに素敵な所でした。
何でここは残ったか解りませんが、地形とか色々あるんでしょうね??
建物が新しくなるのは、ゆとりが有るということで良い事かも知れませんが・・?
私は都会育ちなんですが、とても心休まる所でした。
もうちょっと長く居たかったです。
Commented by hirosi906 at 2011-11-17 21:25
> Sippo5655さんへ

ほんとに素敵な村でした。
このご夫婦とても和やかで家まで見せてもらいました。
4枚目は、トウガラシでした。カラーだとすぐ解るんですが、
このトウガラシ300円で買って帰りました。
そうですね、実際住むとなると厳しいかもしれませんが、このご夫婦を見
るとほんとに豊かな生活されてる様な感じがしました。
Commented by hirosi906 at 2011-11-17 21:34
>kayoさんへ

この村も病院ない様ですが、智頭までそんなにかからないから
まだ良いんでしょうね。
ここも住まなくなった家数件ありました。仕方ない様にも思います。
このご夫婦は、ほんとに和やかで素敵な人でした。
Commented by hirosi906 at 2011-11-17 21:39
>trialさんへ

鳥取市の40キロほど手前でしょうか・・・。
こんな村で、こんな接待受けるとは思いもよりませんでした。
このご夫婦の心遣い、ほんとに出来るもんじゃないですよね。
お爺さんの笑顔も良かったですが、おばあさんも素敵でした。
Commented by hirosi906 at 2011-11-17 21:43
> voyagers-xさんへ

ほんとに良い村でした。
お爺さんもおばあさんも、ほんとに素敵な人でした。
二人の接待にとても癒されました。
Commented by shin2627 at 2011-11-17 22:21
こんばんわ

鳥取県の撮影旅行、良かったですね。板井原村、日本の原風景
ですね。ご夫婦の表情がとても素敵です。新日本紀行みたいです。
私も温かい気持ちになりました。
Commented by hirosi906 at 2011-11-18 20:58
> shin2627さんへ

年に一回の楽しみな撮影旅行です。
板井原村はネットで見ただけで、どんな所だか解りませんでしたが、
とても素敵な、日本の原風景的な村でした。
このご夫婦の接待に温かにさせてもらいました。
Commented by happykota at 2011-11-19 16:36 x
こんばんわ

苔むした茅葺屋根の古民家と老夫婦の暮らし
スローライフそのものの暮らしぶりですね。
都会のなんば育ちの私にも何か心に感じるものが
ありますので、この国に生まれたもののDNAの記憶
なんでしょうね。
Commented by hirosi906 at 2011-11-19 21:38
> happykotaさんへ

茅葺き屋根の民家は、老夫婦の家じゃないんですが、
ほんとに人間らしく自然と共に寄り添って暮らしてる感じがしました。
私も都会育ちですが、なんか憧れるものがありますね・・・。
実際生活は出来ないかもしれませんが・・。
Commented by biwahama at 2011-11-20 16:45
鳥取への撮影旅行でしたか~山村の様子 昭和の村そのものですね。
村の散策をすると広がる原風景に落ち着き和むものですが 
実際には暮らしの限界もあるでしょうし、買い物等ご苦労もあるでしょうね。
3枚目の男性 いい笑顔ですね^^
5枚目 家の中を撮影させてもらったのですね。住民が気さくに
迎えていただくと嬉しいですね。旅も一層楽しくなります。
Commented at 2011-11-20 16:48
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by hirosi906 at 2011-11-20 23:01
>biwahamaさんへ

鳥取へバスでの撮影旅行でした。
素敵な山村でした。住んでる人達は、ほんとに自然と向き合って
暮らしてる感じで、とても厳しい生活じゃないかと思います。
町へは車で15分で行けるので、そんな山奥って感じもしませんが・・・。
このご夫婦、家まで見せてもらって、ほんとに良い人達で楽しかったです。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 砂丘の印象      智頭宿(ちず)鳥取県 >>