心のままに 感じるままに2

hirosi906.exblog.jp
ブログトップ
2005年 10月 28日

廃虚にて

JR環状線・大阪駅から天満駅に向かうすぐ近く車窓に広がる、廃虚の様な駐車場
通勤途中の窓をいつも眺めていました。
いつかここを撮ってみたいと思ってました。
不思議な事に柵も無く自由に中へ入ることが出来ます。
だだっ広いコンクリートの廃虚の駐車場・・・・・

e0051620_20251651.jpg



e0051620_20264971.jpg


  10月23日(日) EOS7 EF28-105mm プレスト400
[PR]

by hirosi906 | 2005-10-28 21:21 | 大阪 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://hirosi906.exblog.jp/tb/1638997
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by biwakokayo4 at 2005-10-28 22:49
人の気配がなくなるとツタや雑草たちがすぐはびこってきますね。
なんだかそういう植物達の逞しい生命力と
荒れていく建物、コンクリートとの
対照もおもしろいですね。
Commented by kk52k at 2005-10-29 01:10 x
ツタの生命力って凄いですよね。私色のツタを想像させていただいています。2枚目のお写真、人の顔のアートのようにみえますが。。。素晴らしいですね。感動..感動です
(*゜□゜*)ぎょぉぉ!
Commented by micho7 at 2005-10-29 16:16
長くのびたツタに廃墟の物悲しさを感じます。
白黒写真だと雑草も傷んだコンクリートもアートのようですね!
Commented by fuwafuwa-razuri at 2005-10-30 07:51
高速道路や高架下の壁面に、蔦がアートのように
自由に葉をのばしているのを見るたび、撮りたい!と思うのですが、
運転中に止めるわけにもいかず(特に高速道路)、いつも悔しい思いをしています。
1枚目のコンクリートの壁は古いですね。
この壁が現役だった頃に思いを馳せたりして…こういうの、わたしも大好き。
わくわくしちゃう(笑)
Commented by hirosi906 at 2005-10-30 22:12
>kayoさんへ
不思議です。蔦なんか何処から来るのでしょうか?
雑草の生命力には驚かされますね。
壊れて行くコンクリートの中で雑草は輝いていました。
Commented by hirosi906 at 2005-10-30 22:38
>kk52kさんへ
良く見ると顔みたいですね。形が面白いと思ってましたが、
気が付きませんでした。ありがとうございます。
Commented by hirosi906 at 2005-10-30 22:45
 >michoさんへ
蔦が四方に伸びて行く様は生命力と、美しさを感じました。
草の生命力にはかないません。
Commented by hirosi906 at 2005-10-30 22:55
>razuさんへ
razuさんも、こんなのが好きなんですね!!
壊れて行く物と蔦、魅力がありますね。
懐古的な感じにさせてくれますね。私もこんなのを見ると
必ず撮ってますね。
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大阪の下町・空堀商店街周辺      二人の世界 >>