心のままに 感じるままに2

hirosi906.exblog.jp
ブログトップ
2010年 01月 06日

太融寺

大阪駅から歩いて10分弱の所に在る太融寺
行った事は在るんですが、ゆっくり中に入った事が在りませんでした。
弘法大師が建てたと云う由緒在る寺
戦災で焼けてしまったので戦後再建された鉄筋のお寺
後で調べたら、淀君の墓が此処に在ると云う
行った時は知りませんでした・・・・・。
鉄筋だから重厚さは在りませんが静かな良い所でした。


1.
e0051620_199469.jpg


2.
e0051620_1992139.jpg


3.
e0051620_1993946.jpg


4.
e0051620_1910043.jpg


5.
e0051620_19101552.jpg


6.
e0051620_19102841.jpg

[PR]

by hirosi906 | 2010-01-06 19:35 | 大阪 | Trackback | Comments(18)
トラックバックURL : http://hirosi906.exblog.jp/tb/11913754
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kame-photo at 2010-01-06 21:53
こんばんは!
会社勤めの頃、(北浜から)淀屋橋迄歩いて帰る途中、近くを何度か
通ってましたがそういう由来のある寺とはしりませんでした。
でもお寺に鉄筋はどうもイメージが・・・(笑)

カエルの件、深さがあるので手は届きません(笑)
深いので寒さも和らぐのか、潜りきれなかったのか定かではありませんが、これでも「冬眠」か?とこちらがビックリした次第です(笑)
Commented by Sippo5655 at 2010-01-06 21:56
こんばんは!
なんと再建は鉄筋で・・そんなこともあるのですね。。
今度こそ絶対焼けないように、との願いからでしょうか。
お庭もよくお手入れされているようで
石畳・・この質感が大好きです(*^-^*)
Commented by xxmooncatxx at 2010-01-06 23:36
昔、太融寺のすぐ近くで働いていました。
といっても、歓楽街じゃないですよ(笑)
こちらのお寺では、有名人や企業のお偉い方々のお葬式がよく行われていて、よく覗きに行ったものです(^^;)
淀君のお墓は、隅の方にひっそりとありました。
Commented by shin2627 at 2010-01-07 07:20
おはようございます。

大阪駅のすぐ近くに由緒のあるお寺があるんですね。初めて知りました
淀君に今度会いに行ってみようかと思います(笑)。

5枚目のお写真のハンマーが気になりますね。何に使うのかな?
Commented by farfarsideK at 2010-01-07 09:41
戦災で焼けてしまったので戦後再建された鉄筋のお寺・・・何だか複雑な気持ちですね。ずっと残していきたい気持ちと維持していく難しさの板挟み状態!?でも外観は少し変わっても、その場所に感じられる”心”は不変なのかもしれないですね。
Commented by biwakokayo4 at 2010-01-07 12:49
普段歩いている場所でも知らないことが多いですね。
新発見…も面白いですね。
心霊写真みたいなのやハンマーや不思議な感じです。
淀君のお墓、どんなお墓かみたいですね。
Commented by top-to-toe at 2010-01-07 16:12
お寺。フォトジェニックですよねぇ。
今年は春節に中華街行こうかなー?
Commented by hirosi906 at 2010-01-07 16:55
>kameさんへ

そうなんですよね。ここ皆知ってると思うんですが、中々中へは入らないですよね。
コンクリートで作られてるし、赴きないですし・・・。
寺の歴史は古く由緒在るみたいですけどね。

カエルちゃんと潜って無かったんですね。
潜って中っても大丈夫なんですかね??
Commented by hirosi906 at 2010-01-07 17:04
>Sippo5655さんへ

良くは解りませんが、お金の関係じゃないかと思うんですが・・・??
庭は綺麗でした。石の並べ方が、面白かったので撮って見ました。
Commented by hirosi906 at 2010-01-07 17:09
>mooncatさんへ

太融寺の近くで働いてたっと聞くと、勘違いされますね。
大きな声で言わない方が良いかも(笑)
有名人のお葬式多いんですか。知りませんでした。
淀君の墓今度行ってみます。
Commented by hirosi906 at 2010-01-07 17:12
> shin2627さんへ

ここは知らないんですね。南の方は馴染みがないのかもしれませんね。
淀君の墓私も知らなかったです。
ハンマー私も何に使うんか解りませんでした・・・。
Commented by hirosi906 at 2010-01-07 17:19
>farfarsideKさんへ

そうなんですよ。鉄筋じゃねぇ・・・。
木で再建するのは大変ですからね。仕方ない事かもしれませんね。
元の外観ってどんなだったか解りませんが、雰囲気と心は変わってないんでしょうね。

Commented by hirosi906 at 2010-01-07 17:28
>kayoさんへ

いつも近く歩いてるのに、ゆっくり中に入った事は在りませんでした。
やっぱ、ちゃんと中に入らないと解らないものです。
ガラス越しなので心霊写真みたいになりました。
ハンマーは何に使うか、私も不思議で撮ってしまいました。
淀君の墓、写真で見ましたがそんな大きくはないみたいです??


Commented by hirosi906 at 2010-01-07 17:33
> top-to-toeさんへ

お寺やっぱフォトジェニックで、見ていて惹かれますね。
横浜の春節祭、さぞダイナミックで賑やかでしょうね・・・。
神戸もやってますが、また行ってみようかな・・・。
Commented by bubblegeneration at 2010-01-07 22:04
ろうそくの灯りに照らされるおじいちゃんの顔が素敵です。
鉄筋の建物だとメンテナンスが楽なんでしょうね。
でもできればやっぱり木造がいい気がします。。。
Commented by nezumineko at 2010-01-08 00:01 x
変則的な建物で興味深いですね。
大阪も意外と寺院が多そうで、寺巡りしてみたいです。
Commented by hirosi906 at 2010-01-08 20:54
> bubblegenerationさんへ

このおじいさん、ガラス越しだったんですが、ボーっと浮かび上がって
神秘的で綺麗でした。
鉄筋のお寺、メンテナンスも楽かもしれませんね。
やっぱりお寺は木造で無いと、何か重みが無く有難味も無いような気がします。
Commented by hirosi906 at 2010-01-08 21:00
>nezuminekoさんへ

1枚目何か見るとちょっと変わってますね。
大阪もお寺が多いですが、中に入れて、立派な木造のお寺は、やはり
京都や奈良の方が見ごたえありますね。
戦災で焼けたせいもあるかもしれませんね・・?
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 『仔猫の73日間』展      謹賀新年 >>